アフターシェーブローションをオーデコロンの代用にできるものでしょうか?
答えは、Yes.だって人それぞれ好きなようにできますもの。

アフターシェーブローションはご存じの通り、男性の髭剃り後につけるもの。
肌への収れん作用や髭剃りでダメージを受けた肌への保湿剤が入っていたりします。

肌への作用を別にすれば、つけた時の爽やかさや爽快感を楽しむのがメインですので
香りを楽しむのはほんの一瞬…オーデコロンよりも香りが飛ぶのは早いですね。

それでも、肌につけている方はどことなく爽やか♪

おじさま~!なレトロ気味の香りでも、アフターシェーブだとそれほどおじさまっぽくない。
あ、ここでお話ししているのはブランドの香水ラインに入っているアフターシェーブね。
レトロ気味な香りでも、品の良さや育ちの良さを感じさせるから不思議です♪

ですから、男性もぜひ香水ラインの製品をお使いになるのをオススメしたいんですの。

そうそう、女性でも使える香りでなおかつ男性がつけるとセクシー!になるのはこの香り。

【コフレ】ディオール ファーレンハイトアフターシェーブローション <100ml> +オーロラフェイスクイーンルースパウダー<30g>


香水好きな友人と「腰が抜けちゃうくらいセクシー」と絶賛していましたが、この香りを気に入った母があろうことか父にプレゼントしてしまい、もはやセクシーと言えなくなってしまいました(T_T)も~、ありえなーい。やめて!

カルバンクラインといえば20年前に流行ったエタニティやオブセッション、CKoneなど香りだけでも話題に事欠かないファッションブランド。当時はケイト・モスが看板モデルでした。

一時期は誰もがエタニティをつけていたものでしたが、最近つけていらっしゃるのはそれを定番にしている愛好者くらいでしょうか。エタニティという名前の通り、香りの移ろいがなく一定なのが特徴で、いかにもアメリカらしい押し出しの良さが印象的な香りでした。

そのエタニティにサマーバージョンが登場♪2015年の香りはどんな感じ?
ウォータリーフローラル。ピオニーがミドルに使われています。
ホント最近の香りにはピオニー、大人気ですね。

カップリングできるのが素敵です♪メンズももちろんリリースされています!
メンズはアロマティックフゼア。ん~、爽やかで深みのあるセクシーさを予想させますね。

香りのカップリングって日本ではあまり定着していないようですが、ふたりで寄り添っても香りがぶつからず、ハーモニーになるのはとっても素敵♪ぜひぜひオススメしたい使い方♡

この夏、彼と彼女とで香りも合わせてみてはいかが?

Photo 2014-08-13 2 38 24以前アルマーニの最初の香り、アルマーニ(ファム)を探していた時、マリソルで「似ている香り」として紹介されていたのがFENDIのフェンディ・ファム。1985年発売です。

ところがイタリアの香りは一筋縄ではいかない女性の複雑さを表現したものが多く、FENDIも甘さの中にスパイスのひねりが入った香り。アルマーニほどシンプルで精妙ではなかったので放置していました。香りストレートで知的なセクシーさを表現したアメリカの香りが好きな私はあまり好みではなかったのです。

不思議、時が経ってこの香りの魅力を再発見することに…。凍るような冬の朝、首元にファーのマフラーを巻きつけて外出した時にこの香りが欲しくなったのです。息が白くなるほどの冷気にスパイスとバニラの暖かさ。人とは一味違った観点を持つ、ユニークな女になった気分を味わったのでした。数種類の外国語に堪能で、洗練された自身のスタイルを持ついい女(むふふ 笑)そういえばフェンディといえば毛皮。ファーのマフラーがこの香りを呼んだのかもしれません。

トップノートはアルデハイド、コリアンダー、マンダリン、ベルガモット、ブラジリアンローズウッドなど柑橘系にスパイス、ウッディーで始まりますがミドルは花のオンパレード。カーネーション、ローズ、ゼラニウム、イランイランにジャスミン。ベースはバニラ、ムスク、トンカビーンズ、スパイス、レザーなどが配されています。こっくりした甘さに立ち上るスパイシーな辛さが絶妙。

この香りは既に廃盤となっています。海外でもなぜLVMHがこの名香を廃盤にしたのかとため息をつくファンも少なくありません。…あら、楽天には1品置いてありましたね。珍しい。

体臭の少ない日本人にとって、腋臭にも似たスパイスの香りは敬遠されがち。可憐で感じのいい香りが好まれますものね。「成熟した女」で、バイタリティに満ちたビジネスウーマンなら、この香りをアイコンとして十分つけこなせそうです。

 

ココマドモアゼルのシャワージェル。保湿成分もたっぷり入っているのか、よく洗い流してもお肌がすべすべした仕上がりです。湿度の高い日本でトワレはアルコールで拡散しやすいデメリットがあるなか、シャワージェルはふっと動いた時にそこはかとなく香るのがセクシーです♡体臭がココマドって素敵じゃありません?トワレ以上にセクシーだと思います。

香水ラインのシャワージェル、いくつか持っていますが魅力はなんと言っても香りが体臭レベルで馴染むことでしょうね。そこにボディローションやトワレを少しずつ重ねづけした時の、得も言われぬ香り・・・同じ香りのはずなのに、まるで十二単の色目重ねのように立体的に香り立ちます。好きな香りなら、とことん深めていくのもひとつの道…同じ香りをつけているのに他の人とは違う。私だけの香りになる。それが、ライン使いという奥の手ですよね♡

 

www.fashionpress.netより拝借

www.fashionpress.netより拝借

ローズ ド クロエ パフューム ハンドクリームが2015年2月18日より発売決定!仕事合間のリラックスにハンドクリームを愛用する人は多いと思うの。私の職場でもそうだしそれぞれがお気に入りの香りでホッとしているわ。ローズ ド クロエがお好きな人には朗報じゃない?ハンドクリームとはいえ、こっそり耳や髪につけたってOKだし。案外、色々な使い方ができて重宝するから好きな香りのクリームやボディローション系が出ているならライン遣いでぜひ持っておきたいところ。香水のクリーム系はたいてい伸びもいいから、75mlで4,000円+税は決して高くないのでは?このサイズが便利なのは、バッグに入れて毎日持ち運べること。愛用しているボディローションが200mlの私、バッグに持ち運べるなんて羨ましい限りです!

ローズ ド クロエ パフューム ハンドクリーム 大丸松坂屋ネットショッピング

www.fashionpress.net

www.fashionpress.netより拝借

11月14日から日本で廃盤となっていたニナリッチの名香、レール・デュ・タンが限定復活で発売されています。クリスタル・ガラスで平和の象徴・鳩を2羽配したボトルキャップが美しいですね。スパイシーさを若干感じる清楚なフローラルで、EDTは楽天でもYahooでも扱われてはいましたけれど、EDPは珍しいのでは? 楽天ではEDTがお一人様○本まで、と本数限定で売られている店もありました。限定復活での販売も、いわば期間限定。あるうちに買うのが、あとでがっかりしない秘訣かなと最近思います♪

ニナリッチの名香、レール・デュ・タン 日本限定復活を見てみる

香りは流行ったり廃れたりするものですが、それでも1948年から変わらず愛されているのは普遍的な何かを香りのエッセンスとして表現してるからでしょうね。「時の流れ」という意味のレール・デュ・タン。流されず名香となり、ようございました(笑)ペアの鳩から、ご結婚前の香りとしてお母様からプレゼントされたという話を聞いたことがあります。もちろん年齢に関係なく使える香りですが、うなずけるエピソードです。

 

ARMANI BODY SPRAYアルマーニが最初に出した女性用香水、アルマーニ。1982年の発売で、ボーイッシュながら女性らしいモデルがシンプルなアルマーニの服に身を包むポスターが印象的でした。
同じ香りでも香水とオー・デ・トワレが違うのと同じく、ボディオイルはソーピーながらグリーンとシプレの織りなすシックさは健在です。オレンジやペパーミントが立体的で奥行きをもたらすトワレと比べると平べったいものの、それでも香りの本質(まさにエッセンス!)はやはりARMANIで、身に纏うと地に足の着いた冷静さが引き出されるようです。細かいエアーがオイルを広く拡散させるので、ちっともベタベタしないのも嬉しい配慮。
まだ売っているのかと調べたら、一箇所だけ見つけました。フランスのサイト。

http://www.grossiste-parfumsmoinscher.com/1921-armani—armani—75-ml-huile-parfumee-pour-le-corps-spray.html

デオドラントもボディジェルもありましたよ♪滅多にお目にかかれないGeorgio Armani Classic for womenがライン使いできる!

 

Photo 2014-08-13 2 30 38キャロンのサクレが出たのは1990年。見よ!これがキャロンだ。といわんばかりに満を持して発売されましたが、このパッケージにも気合が伺えます。黄金色の箱が左右に分かれて、中には香水瓶の描かれたツヤ黒の箱。これを開けるとその下にようやく香水瓶が現れるという。オリエンタルな神秘を表現していて、サクレはそのまま、「聖なるもの」という意味。古代の秘儀に珍重された没薬(ミルラ)がベースノートとなって、シナモンやクローブの香りもします。ブラックペッパーやウッディ系の香りが密やかに立ち込め、まるで上品なお香。白檀の香りはあまりしません。アラビアを思わせるパッケージですが、意外にも和服に似合いました。

日本では人気がなかったようです(泣)日本での取り扱いはカネボウ。当時は従兄弟が勤めていて、誕生日にプレゼントしてくれました。

Photo 2014-08-13 2 31 07左の写真は箱を開けた、パルファム瓶の様子です。栓が、スカラベ(エジプトで聖なる虫とされたふんころがし)のようにも見えます。20年経つと、この瓶も年季を帯びてきて、ジーニー(魔神)が出てきそう…キャロンではアラビアというよりイエス・キリストの生誕にまつわるイメージで調香したのでしょうけれどね。クリスマスイブに教会のミサに参加されるなら、こっそりつけてもいいかもしれません。ミルラやフランキンセンスを焚きますから。
今では海外のネットショップでもオーデパルファムからの取り扱いがメインになっていて、パルファムは今でも製造されているのか分かりません。それだけに、ある意味貴重なコレクションになっています。

 

 

Photo 2014-08-13 2 39 16カレーシュはエルメスが1961年に出した初の女性用香水です。もともと男性用に作られていましたが、女性用になりました。そのせいか、程よく抑制されたウッディなフローラルが特徴です。同じ頃にリリースされたCHANEL No.5の影響を受けて人工香料のアルデハイドが香ります。この画像はオークションで手に入れた所蔵品。調香がリニューアルされる前の一品です。
一番好きな香水はアメリカのとあるブランドが発表した品で20年以上愛用していますが、こちらがブランドの象徴として華麗で豪華なのに対して、カレーシュは正統派の影役者といった印象があります。香水に興味を持って当時バイブルにしていた本が出していたキャッチフレーズは「エルメスにはツイードかベージュがマスト!」。言い得て妙!人前で目立つことを憚り、人知れずボランティアや慈善活動をしている昔からの両家の子女といったイメージ。良質なツイードは何代も譲り受けて着るものですし、乗馬のエルメスに似つかわしい。ベージュの服もしかり。箱の色がベージュであることからも、この香りのテーマカラーといえるでしょうね。エレガントながらセクシーすぎず華美に走らず。中庸をわきまえ、本質を見失わずに堅実に生きる女性像が浮かびます。

この香りをつけると気持ちが引き締まり、周囲に流されない自分になれるような気がします。影役者、と先ほど言ったのは、この香りも20年以上そっと私に寄り添ってくれているから。身を引き締めたい時や地に足をつけた感覚が欲しい時、つい手が伸びてしまいます。香りは意識のスイッチ。自分の中にある様々なモードを引き出してくれます。あなたは自分のモードを切り替えてくれる香りを何本持っていますか?

もう秋から冬になろうとしていますね。冷たい空気のなか、人肌で暖められた香りが愛おしくなる季節です。今日はこっそり耳の裏に、ほんの少しつけて行こう。

http://www.fashion-press.net/より画像拝借

プラダ・キャンディhttp://www.fashion-press.net/より画像拝借

プラダのホリデーコフレが11月14日から発売されます!トワレとボディローションのセットがなんと4種類も。嬉しい!

この組み合わせ、一番使えてお得だから「買い」。練り香水っぽくボディローションを使うとふんわり香るしね。オフィスや髪にはボディローションで柔らかな香りを。プライベートな外出やおでかけにはトワレで本格的に。 秋冬は乾燥するので、好きな香りのボディローションで潤いをキープできるのも嬉しい。他の香りと混ぜたくありませんものね。

発売されるのは①プラダ キャンディ フロラーレ ホリデーコフレ②プラダ キャンディ ホリデーコフレ③プラダ キャンディ ロー ホリデーコフレ④インフュージョン ディリス ホリデーコフレの4種類。

http://www.fashion-press.net/より画像拝借

プラダ・キャンディフロラーレhttp://www.fashion-press.net/より画像拝借

①のフロラーレは空想の花をモチーフに、②のキャンディはホワイトムスクとベンゾインの暖かい香り、③はフレッシュフローラル、④はフェミニン。と、どれを買おうか迷う品揃えですが①のキャンディのように、冬にベンゾインやキャラメルなど温かみのある甘い香りが人肌から立ち上るとなんともいえない安心感があるのですよね。私も冬には甘くて重めの香りを使ったりして、冬の寂しい感じを撃退しています!

コフレは百貨店カウンターでの取り扱いが多くて。時間がないと困りませんか?そんな時は百貨店のネットサイトから買えば時間の節約に。確実に買えるから、その点でも安心~。