カルバンクラインといえば20年前に流行ったエタニティやオブセッション、CKoneなど香りだけでも話題に事欠かないファッションブランド。当時はケイト・モスが看板モデルでした。

一時期は誰もがエタニティをつけていたものでしたが、最近つけていらっしゃるのはそれを定番にしている愛好者くらいでしょうか。エタニティという名前の通り、香りの移ろいがなく一定なのが特徴で、いかにもアメリカらしい押し出しの良さが印象的な香りでした。

そのエタニティにサマーバージョンが登場♪2015年の香りはどんな感じ?
ウォータリーフローラル。ピオニーがミドルに使われています。
ホント最近の香りにはピオニー、大人気ですね。

カップリングできるのが素敵です♪メンズももちろんリリースされています!
メンズはアロマティックフゼア。ん~、爽やかで深みのあるセクシーさを予想させますね。

香りのカップリングって日本ではあまり定着していないようですが、ふたりで寄り添っても香りがぶつからず、ハーモニーになるのはとっても素敵♪ぜひぜひオススメしたい使い方♡

この夏、彼と彼女とで香りも合わせてみてはいかが?

Photo 2014-08-13 2 38 24以前アルマーニの最初の香り、アルマーニ(ファム)を探していた時、マリソルで「似ている香り」として紹介されていたのがFENDIのフェンディ・ファム。1985年発売です。

ところがイタリアの香りは一筋縄ではいかない女性の複雑さを表現したものが多く、FENDIも甘さの中にスパイスのひねりが入った香り。アルマーニほどシンプルで精妙ではなかったので放置していました。香りストレートで知的なセクシーさを表現したアメリカの香りが好きな私はあまり好みではなかったのです。

不思議、時が経ってこの香りの魅力を再発見することに…。凍るような冬の朝、首元にファーのマフラーを巻きつけて外出した時にこの香りが欲しくなったのです。息が白くなるほどの冷気にスパイスとバニラの暖かさ。人とは一味違った観点を持つ、ユニークな女になった気分を味わったのでした。数種類の外国語に堪能で、洗練された自身のスタイルを持ついい女(むふふ 笑)そういえばフェンディといえば毛皮。ファーのマフラーがこの香りを呼んだのかもしれません。

トップノートはアルデハイド、コリアンダー、マンダリン、ベルガモット、ブラジリアンローズウッドなど柑橘系にスパイス、ウッディーで始まりますがミドルは花のオンパレード。カーネーション、ローズ、ゼラニウム、イランイランにジャスミン。ベースはバニラ、ムスク、トンカビーンズ、スパイス、レザーなどが配されています。こっくりした甘さに立ち上るスパイシーな辛さが絶妙。

この香りは既に廃盤となっています。海外でもなぜLVMHがこの名香を廃盤にしたのかとため息をつくファンも少なくありません。…あら、楽天には1品置いてありましたね。珍しい。

体臭の少ない日本人にとって、腋臭にも似たスパイスの香りは敬遠されがち。可憐で感じのいい香りが好まれますものね。「成熟した女」で、バイタリティに満ちたビジネスウーマンなら、この香りをアイコンとして十分つけこなせそうです。

 

ココマドモアゼルのシャワージェル。保湿成分もたっぷり入っているのか、よく洗い流してもお肌がすべすべした仕上がりです。湿度の高い日本でトワレはアルコールで拡散しやすいデメリットがあるなか、シャワージェルはふっと動いた時にそこはかとなく香るのがセクシーです♡体臭がココマドって素敵じゃありません?トワレ以上にセクシーだと思います。

香水ラインのシャワージェル、いくつか持っていますが魅力はなんと言っても香りが体臭レベルで馴染むことでしょうね。そこにボディローションやトワレを少しずつ重ねづけした時の、得も言われぬ香り・・・同じ香りのはずなのに、まるで十二単の色目重ねのように立体的に香り立ちます。好きな香りなら、とことん深めていくのもひとつの道…同じ香りをつけているのに他の人とは違う。私だけの香りになる。それが、ライン使いという奥の手ですよね♡

 

www.fashionpress.netより拝借

www.fashionpress.netより拝借

ローズ ド クロエ パフューム ハンドクリームが2015年2月18日より発売決定!仕事合間のリラックスにハンドクリームを愛用する人は多いと思うの。私の職場でもそうだしそれぞれがお気に入りの香りでホッとしているわ。ローズ ド クロエがお好きな人には朗報じゃない?ハンドクリームとはいえ、こっそり耳や髪につけたってOKだし。案外、色々な使い方ができて重宝するから好きな香りのクリームやボディローション系が出ているならライン遣いでぜひ持っておきたいところ。香水のクリーム系はたいてい伸びもいいから、75mlで4,000円+税は決して高くないのでは?このサイズが便利なのは、バッグに入れて毎日持ち運べること。愛用しているボディローションが200mlの私、バッグに持ち運べるなんて羨ましい限りです!

ローズ ド クロエ パフューム ハンドクリーム 大丸松坂屋ネットショッピング

www.fashionpress.net

www.fashionpress.netより拝借

11月14日から日本で廃盤となっていたニナリッチの名香、レール・デュ・タンが限定復活で発売されています。クリスタル・ガラスで平和の象徴・鳩を2羽配したボトルキャップが美しいですね。スパイシーさを若干感じる清楚なフローラルで、EDTは楽天でもYahooでも扱われてはいましたけれど、EDPは珍しいのでは? 楽天ではEDTがお一人様○本まで、と本数限定で売られている店もありました。限定復活での販売も、いわば期間限定。あるうちに買うのが、あとでがっかりしない秘訣かなと最近思います♪

ニナリッチの名香、レール・デュ・タン 日本限定復活を見てみる

香りは流行ったり廃れたりするものですが、それでも1948年から変わらず愛されているのは普遍的な何かを香りのエッセンスとして表現してるからでしょうね。「時の流れ」という意味のレール・デュ・タン。流されず名香となり、ようございました(笑)ペアの鳩から、ご結婚前の香りとしてお母様からプレゼントされたという話を聞いたことがあります。もちろん年齢に関係なく使える香りですが、うなずけるエピソードです。

 

Photo 2014-08-13 2 30 38キャロンのサクレが出たのは1990年。見よ!これがキャロンだ。といわんばかりに満を持して発売されましたが、このパッケージにも気合が伺えます。黄金色の箱が左右に分かれて、中には香水瓶の描かれたツヤ黒の箱。これを開けるとその下にようやく香水瓶が現れるという。オリエンタルな神秘を表現していて、サクレはそのまま、「聖なるもの」という意味。古代の秘儀に珍重された没薬(ミルラ)がベースノートとなって、シナモンやクローブの香りもします。ブラックペッパーやウッディ系の香りが密やかに立ち込め、まるで上品なお香。白檀の香りはあまりしません。アラビアを思わせるパッケージですが、意外にも和服に似合いました。

日本では人気がなかったようです(泣)日本での取り扱いはカネボウ。当時は従兄弟が勤めていて、誕生日にプレゼントしてくれました。

Photo 2014-08-13 2 31 07左の写真は箱を開けた、パルファム瓶の様子です。栓が、スカラベ(エジプトで聖なる虫とされたふんころがし)のようにも見えます。20年経つと、この瓶も年季を帯びてきて、ジーニー(魔神)が出てきそう…キャロンではアラビアというよりイエス・キリストの生誕にまつわるイメージで調香したのでしょうけれどね。クリスマスイブに教会のミサに参加されるなら、こっそりつけてもいいかもしれません。ミルラやフランキンセンスを焚きますから。
今では海外のネットショップでもオーデパルファムからの取り扱いがメインになっていて、パルファムは今でも製造されているのか分かりません。それだけに、ある意味貴重なコレクションになっています。

 

 

香水の新製品でナルシソ・ロドリゲスといえば2014年10月8日(水)から発売されたナルシソ(NARCISO) オードパルファム。男性が振り返らずにはいられない究極にセクシーなフレグランスを作りたかった、とナルシソ・ロドリゲスが思い入れを込めたこの香り、ベチバーが主体なのだそう。
ベチバーは男性用化粧品や香水で主に使われているので、女性用では珍しい。アロマセラピーでは女性ホルモンを活発化させる、土のような香りです。安心できる香り、と女性にも割と人気の香料です。

香水のクリスマスコフレでクロエが発売されますね!
全国百貨店のカウンターやセレクトショップで2014年11月12日(水)から。
3種類のラインナップがありますよ。あなたはどれにする?

chloe_lovestory_holiday_01♡クロエ ラブストーリー
ホリデイセット’14 11,000円+税
クロエ ラブストーリー オードパルファム(50ml)
クロエ ラブストーリー ボディローション(100ml)

 

chloe_lovestory_holiday_03
♡ローズ ド クロエ
ホリデイセット’14 13,500円+税
ローズ ド クロエ オードトワレ(75ml)
ローズ ド クロエ ボディローション(75ml)
ローズ ド クロエ シャワージェル(75ml)

 

chloe_lovestory_holiday_02
♡クロエ オードパルファム
ホリディセット’14 11,000円+税
内容:クロエ オードパルファム(50ml)
クロエ ボディーローション(100ml)

百貨店に足を運ぶのが難しかったり、売り切れが心配ならネットで注文できますね。以下のデパートでも取り扱いがありますよ。活用しちゃいましょ♪

 

<メゾン フランシス クルジャン>アクア ヴィタエ オードトワレ 70ml

大丸松坂屋百貨店からお借りした画像

メゾン フランシス クルジャンのアクア ヴィタエ オードトワレは2014年の日本フレグランス大賞でラグジュアリー部門ユニセックスで受賞した香り。

欧米で40年以上続く伝統と権威あるFiFi賞は有名ですが、日本でも香水がすっかり日常に浸透した今、日本独自の大賞が出来て毎年秋に発表されています。今年は4年目。
アクア ヴィタエ オードトワレがどんな香りか、販売サイトから転載すると…

『生命の水という名のフレグランス。湧き上がる清々しさに包まれた極めて繊細な官能性。「アクア ヴィタエ」は、スパイシーなトップノートが刺激的ながらも、清々しい香りを特徴としたフレグランスです。押し寄せるように香るトンカビーンと優しく愛撫するようなバニラに、カラブリア産レモンとチチリア産マンダリンが軽やかに舞い戯れます。お互いを認め合い自然と惹かれあう肌のためのフレグランス。生まれながらに肉感的でいて、実は繊細な「アクア ヴィタエ」。思わず首筋にやさしくキスをしたくなるような、五感に優しい、心地よい香りです。』

ワインのソムリエ並みに繊細で豊かな表現ですね。ラグジュリアス部門で受賞しただけあって、お値段も200mlで35,000円近くする高級品ですが、香水の値段は貴重な自然香料とも連動しているので、好みさえあえば極上の経験ができるはず。百貨店の化粧品売場に香りカウンターを展開するカフェ・デ・パルファムで取り扱いがありますよ。ムエット(試香紙)を貰うか手首にワンプッシュして確認したいですね。

ネットで入手できるのは百貨店の大丸松坂屋、高島屋、阪急など。楽天やYahooにはありませんでした(2014/10現在)。

<メゾン フランシス クルジャン>アクア ヴィタエ オードトワレ 70ml 大丸松坂屋百貨店ネット

メゾン フランシス クルジャンはそれほどポピュラーではありませんが、高級香水メゾン。彼の第1作目があのジャンポール・ゴルチエのル・マル。あっ見たことある!な斬新ボトルです。こちらは楽天やYahooでも取り扱いがあります。