Photo 2014-08-13 2 38 24以前アルマーニの最初の香り、アルマーニ(ファム)を探していた時、マリソルで「似ている香り」として紹介されていたのがFENDIのフェンディ・ファム。1985年発売です。

ところがイタリアの香りは一筋縄ではいかない女性の複雑さを表現したものが多く、FENDIも甘さの中にスパイスのひねりが入った香り。アルマーニほどシンプルで精妙ではなかったので放置していました。香りストレートで知的なセクシーさを表現したアメリカの香りが好きな私はあまり好みではなかったのです。

不思議、時が経ってこの香りの魅力を再発見することに…。凍るような冬の朝、首元にファーのマフラーを巻きつけて外出した時にこの香りが欲しくなったのです。息が白くなるほどの冷気にスパイスとバニラの暖かさ。人とは一味違った観点を持つ、ユニークな女になった気分を味わったのでした。数種類の外国語に堪能で、洗練された自身のスタイルを持ついい女(むふふ 笑)そういえばフェンディといえば毛皮。ファーのマフラーがこの香りを呼んだのかもしれません。

トップノートはアルデハイド、コリアンダー、マンダリン、ベルガモット、ブラジリアンローズウッドなど柑橘系にスパイス、ウッディーで始まりますがミドルは花のオンパレード。カーネーション、ローズ、ゼラニウム、イランイランにジャスミン。ベースはバニラ、ムスク、トンカビーンズ、スパイス、レザーなどが配されています。こっくりした甘さに立ち上るスパイシーな辛さが絶妙。

この香りは既に廃盤となっています。海外でもなぜLVMHがこの名香を廃盤にしたのかとため息をつくファンも少なくありません。…あら、楽天には1品置いてありましたね。珍しい。

体臭の少ない日本人にとって、腋臭にも似たスパイスの香りは敬遠されがち。可憐で感じのいい香りが好まれますものね。「成熟した女」で、バイタリティに満ちたビジネスウーマンなら、この香りをアイコンとして十分つけこなせそうです。